エントリー

ありのままに振舞っていい時

カタツムリの写真

写真…カタツムリ
240×320サイズ

関連記事
「ありのまま」について想うこと(2017年10月12日)
偽物に見えない偽の教え(2017年10月3日)
補足(ありのままの自分について)(2013年12月3日)

今回は、「ありのままに振舞って良いもの」について
教わっている事を記したい思います。マニュアルはなく、
ケースバイケースである事をお断り致します。

私自身、限界があるのは、長時間にわたって連続して、人と一緒に
行動する事です。無理すると、精神が過労状態になります。なので、
パソコン作業と同じく、こまめに中休みを入れる必要があります。
相手といたくないのではなくて、むしろ人との関わりを持つのを、
心の底では望んでいます。ただ、一人になる時間を十分取らないと、
疲労困憊します。そういう意味で、相手に害を及ぼす事はなく、
良識的に許される物なら、ありのままにやって良いという事でした。

ありのままに振舞って良いというのは、具体的に言うなら、
どんな態度を取ってもいい。何でもあり。ではなくて、
『精神的に人一倍疲れやすいから中休みが必要になる』旨を、
相手に率直に話して、中休みする行為を指しています。
用を足す時にトイレに行くのと同じようなものです。

まだ言葉になっていないけれども、様々な「ありのまま」が、
くるくると頭の中を回っているような感じです。
区別しないといけないと感じるのが、堕落しているゆえの姿を
人間味あるものとして、「ありのままの美しい姿」と美化する…。
いわゆる"堕落の美学"を良しとする風潮があるので、教会生活で
学んだ教訓と失敗と重ね合わせながら、思いめぐらしている所です。

「ありのまま」について想うこと

コムラサキの写真

写真…コムラサキの実
240×320サイズ

偽物には見えない偽の教え(10月3日)の続きです。
「ありのまま」とは? 色々考えていました。お断りしますが、
ありのままを否定しているのではなく、「あるがままに」を
どのように取り扱うか…によって、大きく違って来るので、
取扱いを考慮した方が望ましいという視点で記しております。

まず、「ありのままの自分を愛して下さる」が主体になる事で、
歪んだ自己愛性が育成されます。虐待や暴力やハラスメントが
行われていても、人間の弱さであり、ありのままの姿であるから、
許すべきだ。そして「ありのまま崇拝」「ありのまま至上主義」
「ありのままに振舞わない人は神に愛されない」といった偽物の
奇妙な思想と信仰観と価値観が出来上がるのを助長します。

本当なら、冷静に考えれば分かる事なのに、信仰生活が長くても
何故、そのような教えにだまされてしまうのか…? 人それぞれ
様々な事情がおありだと思いますので、ここでは一例として…。

例えば、人格や個性や嗜好等を否定される扱いを受けた過去があり、
アダルトチルドレンであったり、その扱いを受けている最中の時に、
「神さまは、ありのままのあなたを愛して下さっています。」と
励まされたら、慰められたら、どんな気持ちになるか…。

個人的には「弱点を突かれる」と似ているように思いました。

関連記事
弱点を突かれるとは (2015年5月12日)
弱点を突かれるとは(その2) (2015年6月23日)
弱点を突かれるとは(その3) (2015年6月23日)

続きを読む

偽物には見えない偽の教え

アカマンマの写真

写真…アカマンマの花
240×320サイズ

偽の教えの一つである、
「神さまは、ありのままの姿を愛して下さる。」についてです。

個人的には、この謳い文句は、日本語を巧妙に利用した言い回しで
あるように思いました。もちろん、張本人はサタンである事…。
それも、全ての言語を使いこなす能力があるのは一目瞭然です。
ありのままの姿…と聞くと、包み込む寛容さと優しさがあって、
偽りのないありのままさ…。とても芳しい言葉に聞こえます。

全ての日本人がそうだとは申しませんが、日本人には「日本語は
美しいものがある」と自負している傾向があります。それが奢りに
なったりします。確かに、文語訳聖書の日本語の美しさには、最初
読んだ時は圧倒されました。それに囚われていると、今度は、言語
そのものが偶像になってしまうんですね。聖書主義クリスチャンに
ありがちなヘブライ語&ギリシャ語崇拝があるように…。

それから、目に見えない存在であっても、どの国でも「悪魔」だと
表現するし、日本だったら、心に住む鬼。邪気。魔物。魔が差す。
という風に言われているように、ある意味では、サタンの存在を
認識しているのを示していると思うのでした。戯言だ。神話的だ。
妄想だと言いながら、実は、人間の心の裏側を知るたびに「魔物が
住んでいるに違いない」と感じるのは少なくないと思います。

続きを読む

精神を病む=率直な反応だと思います

金木犀の花 銀木犀の花

写真…金木犀の花と銀木犀の花
金木犀(240×320サイズ)
銀木犀(240×320サイズ)

私自身、モラルハラスメントがきっかけで、
パワーハラスメントの事を考えるようになったのですが、
人によって捉え方が様々になっているようで…モラハラと
同じく、事実関係を確かめずに吟味もせず、聞いた話だけで
「これはパワハラだ!」と断定するのは避けた方が望ましいと
思うようになりました。

私の場合、ある人(※)から受けた行為がモラハラであったと
認識したのは、高校時代のある教員の行為と酷似していた事。
いずれも精神面に異常が生じた事。そして、モラハラの実態の
情報を集めて照らし合わせた結果、90%以上共通点があるのを
確認したためです。そういうデータが提供されていなかったら、
ずっと分からずにいて、どんどん悪化していったと思います。

但し、注意しなければならない事があります。
例えば、ある一言で不快な思いをしたとします。その不快な
思いが、必ずしも、モラハラされたものだとは限りません。
無神経で配慮が足りなかったり、うっかり失言だったりと、
生身の人間である故、間違いを犯すためです。それから、
なんていうか、言葉にはしなくても、心の中にあるものが
自然とにじみ出て来るんですよね。そこが大きく違います。

続きを読む

漫画について想うこと

金木犀の写真

写真…金木犀の花芽
240×320サイズ

私事ながら、子供の時に「漫画家になりたい」と
話した事がありましたが、私としては、本気ではなくて
ファッション感覚でかっこつけてしまった形でした。

でも、本当に好きだったのが(今も)、人が描く漫画でした。
そして、気に入った画風や好きなタッチを見つけるたびに
よく模写していました。それから、同じ漫画家の作品でも
好きな絵と苦手な絵があって、苦手な絵に対しては、
こっちで勝手に「このタッチで描いたらもっと良いのに」
なんて修正してみたり…苦笑。

本題に入りますが、本当に…漫画には漫画なりのパワーが
あるんだなあ…とつくづく思います。小説とはまた違って、
文章では言い表せないような表現が出来るという部分が、
漫画の強みの一つだと実感している最近です。
私自身は、力量的にも技術的にも、真っ当な漫画を描けない
けれども、何かを伝えたい時、文章では難しいと感じると、
漫画を描けたらどんなにいいか…と想う時があります。

続きを読む

ページ移動

ユーティリティ

検索する

キーワード検索フォーム
キーワード

Feed