エントリー

信仰書

天道虫の蛹の写真

写真…てんとう虫のさなぎ
240×320サイズ

色々な信仰書(聖書を解説する参考書は別です)が
あるけれども、今の私は、読まないようにしています。
依存しやすいからです。自分の頭で考える。心で感じる。
身で味わう事が、自立や回復にもつながるんですね。

ずっと長い間、心と頭が眠っていた状態だったので、
なおさらです。眠っていた状態とは思考停止の事です。

それから、その信仰書は、あくまでも、著者の信仰観と見解で
あって、全ての人が100%共感する訳ではなかったりします。
それぞれ、その人にかなった形が与えられているものなので、
その本に書かれていないものや、違うものが与えられて
いるならば、そのまま素直に受け取って良いものでした。

逆に、自分に与えられていないものが、本に書かれていても、
わざわざ悲しんだり悲観する必要がなかったりします。

なので、信仰書の枠に、自分の全てをはめてしまうと、
大変な事になります。自分だけでなく、人をも追い詰めて
しまいます。本そのものは害がなくても、私は支障が
生じるので、読まないです。読む時は読む。そんな感じです。

ページ移動

ユーティリティ

検索する

キーワード検索フォーム
キーワード