エントリー

早い時期から

スケッチブックの写真

写真…スケッチブックに思いを綴ったもの
240×320サイズ

1週間ほど風邪で寝ていました。熱が出たのは数年ぶりです。
そんな日々を過ごしている内に、ああ、風邪も健康法の
一つみたいなものだなあと思えるようになりました。ホント。

熱が出る時は、体内で、鎮痛作用のようなものが働いて、
頭の中がふわふわするんですね。ところが、熱が下がると
精神的に不安定になりました。続けたかった考察作業を
終わりにした事もあって、その脱力感が酷かったです。

これはいけない…!と焦りました。焦れば焦るほど、
心の浮き沈みが激しくなるばかりでした。どうすれば…???
そんな時、手持ちのスケッチブックに、心の言葉を綴って
気持ちをぶつけました。(個人的には罫線入りノートよりも
無地の方が書きやすいみたい。)気がついたら、色鉛筆も
使って、文章を囲む飾り枠を描いていたのでした。
言葉では表せないのを描いているような感じです。

読み直してみると、旧約聖書にある詩篇を思い浮かべます。
その時の感情によって、コロコロ変わっちゃう事…。
人間ってこんなにも脆くて揺れ動きやすいんだなあ…って。
例えば、その日は「神様感謝します」の気持ちだったのに、
翌日になって「神様ひどいじゃありませんか!」等々…。

実は、「失う」事への恐怖が心の中にあったのでした。
それは人の命です。ずっと一緒にいたくても、いつかは
死別を迎えなければならない日がやって来ます。
といっても、"地上での別れ"のようなものでしょうか。
その日が来たら、私は耐えられるのだろうか…って。
もちろん、頭では分かっていたけれども、いざとなると
心細くなって、大丈夫かな。やっぱり無理なのかも…と。

でも、今日になって、吹っ切れた気分になりました。
依存しやすい自分なので、早い時期から備えておく。
心の準備をしておくのがいいみたいです。

ページ移動

ユーティリティ

検索する

キーワード検索フォーム
キーワード