エントリー

滅茶苦茶になっても

レンテンローズの葉っぱの写真

写真…レンテンローズの若葉と新芽
240×320サイズ

どうすれば、"事前"に、まがい物を見抜く事が出来るか。
本当に…実際に接しないと分からないです。接しても、
全てが分かる訳でもなく、やっと"断片"を知ります。

それもほんの断片に過ぎず、全てを知るのは無理です。

でも、もし、全てを知りつくしてしまったら、今度は、
弱みを握るという反対の立場になって、相手を意のままに
操ったのかも知れません。不可解な仕打ちを受けてしまえば、
報復したくなる人間の性…です。表向きは報復しなくても
心の中では、何度も何度も報復をしていたりします。

------------

本題に入ります。

ふと思いました。イエス・キリストの十字架について、
教わるとします。それもキリスト教の事を知らないまま、

(1)カルト的な思考で語られるキリストの十字架。
(2)まがい物(=異端)の教えで語られるキリストの十字架。
(3)カルト+まがい物+アルファで語られるキリストの十字架。

という風に、滅茶苦茶な教えを受けてしまうとします。
で、デタラメ福音によるデタラメ信仰生活を送ります。
色々ひどい目にあったり痛い思いをしたり深く傷ついて、
初めて、デタラメだったと気づきます。

・最初から、キリスト教の基礎を学ぶべきだった。
・でたらめな信仰生活を送るなんて時間の無駄だった。
・見抜けなかった自分は馬鹿だ。みっともない。
・損だらけの価値のない人生となってしまった。
・健全な教会と出会えば、こんな目に遭わなかった。

ところが、どんな状態になっても、立ち直る道を、
イエスキリストが教えて下さるのでした。どうやって
立ち直るかは、人それぞれで、方法もまちまちですが、
私もその一人であります。

ローマの信徒への手紙を少しずつ読んでいる所です。
御言葉攻撃(※)に至らない読み方を意識しています。

※御言葉攻撃=
故意にあるいは無意識に聖書の言葉を利用して攻撃すること。

ページ移動

ユーティリティ

検索する

キーワード検索フォーム
キーワード