エントリー

補足です

ニラの花の写真

写真…ニラの花 240×320サイズ

過去にあったクリスチャンに対する嫌悪感(8月23日)で記した、

>聖書を否定する限り理解不能なのは当然で…否定すると自動的に
>理解が不可能になり、受け入れると理解可能になるメカニズムは
>嘘ではなかったと体感しました。

「受け入れると」という言葉が、今日になって、「違うのでは?」と
感じて考えていたら「受容力」が浮かびました。そういう意味なら
全然意味が違うのではないか。そういうものではない。何だろう…?
適切な言葉とは…? 言葉を探していましたが、なかなか浮かばず…。

それとは別に、説明が足りない所があったので、補足します。

ノンクリスチャン時代に知り合った友人でもあるクリスチャンは、
私が身を置いた教会との接点はなく、所属する教会も別々です。
つまり、私の場合は、身を置いた教会での様々な出来事によって、
クリスチャンを毛嫌いするようになった一人です。今はその感情は
消えています。教会や信仰問題の考察作業がきっかけでした。
考察作業中は、憎しみが生じたり消えたりの繰り返しで苦闘して、
もう終わりにして良いというタイミングが来た時、気がついたら、
クリスチャンへの憎しみの感情が消えていました。そもそもは、
情報提供が目的だったので、自分でも思いがけなかったです。

それにしても、まさか、教会によって嫌いになるなんて…初めて
教会を訪れた時は思ってもみなかったです。当時は真剣だったので、
だからこそ、衝撃もかなり大きかったのだと思います。(真剣で
なければ、受け流せて大きなダメージを受ける事はないので…)

正直言って、"身内(同胞の事)"だからといって、クリスチャンを
わざわざ侮辱してノンクリスチャンを美化したがるのは変なのでは?と
思う時があります。両方とも全く同じ人間ですし、変わらないです。

それから、以前に、個人的に変だなあ…と疑問を感じていたのが、
"クリスチャン"による"クリスチャン"に対する意図的なネガティブ・
キャンペーンでした。もしかして…とある広告代理店の提案を受けた
やり方なんだろうか。例えば、炎上商法と同じように、この場合は、
同胞が同胞をけなす事で注目を集めて知名度をアップさせる手法。
つまり、野次馬根性を刺激するやつです。私はそれが不快でした。

でも、それがきっかけで、色々な展開があったり思いがけない事が
あったりするので、なんとも言えない心境です。正しいか間違いか
ではなくて、確かに心が苦しくなるけれども…必要悪みたいな…。

但し、私も含めて、偏見と先入観と曲解はつきもので…体験した事や
各々が見た事実は一つだけではないので、はっきり記す必要があると
思いました。古いブログですが、思い込み(2007年3月16日 旧blog)
の記事を思い出してリンクを入れました。マインドコントロールが
まだ解けていなかった時期で…自分や教会が変なのではないかと
疑問を感じつつも、教会が正しいと思い込んでいた時に出会った人の
言葉をお借りして記した内容でした。

ページ移動

ユーティリティ

検索する

キーワード検索フォーム
キーワード