エントリー

小さな突風で飛ばされる

久しぶりに書きます。ご心配をおかけしてしまいました。

個人的に真剣に考えている事があって半分徹夜でずーっとずーっと
考えている日も度々あったり…。ああ真剣になっているんだなあと
自分でも感じます。わざわざ考えなくても自然と考えるから。
なんていうか…お互いに精神的には良いものになっているけれども、
ただ、人によってはそれが良いものなのか…?と思ってしまう事も。
ですが、これは決まりだからとかあれはご法度だからと、それに
囚われると肝心のものがないがしろにされてしまいます。下手すると
心が死ぬのかも知れない。本当に…決まりとかルールだけでは
どうにもならない…と実感しています。

それに加えて、プログラミングの世界でも、良心と倫理などが
問われるものが沢山あると気づきました。(私はプログラマーを
目指している訳ではなく、強い眠気に襲われるので不向きです。
しかも計算や数式を知らないと書けないものも…汗。でも大いに
収穫があります。色々な道具や機械が機能するためのプログラムが
沢山作られていたり…本当に…日常生活を支えているんですね。)

突風の話になりますが、

たまに…ですが、こちらでも、小さな突風が来ていて侮れないです。
台風の日でもなくて…風がそれほど強い訳ではないのに、突然来る
感じでやって来ます。ごくたまに…なので、忘れた頃に来ます…。
ホウキとちり取りを外に置いていた時に飛ばされて、バーン!と
戸のガラス面にぶつかりました。フックにかけていたのが飛ばされて
最初はだれかが投げつけたかと思った程です。大量の砂埃や小さな
ゴミや落ち葉と一緒に落ちていました。人がいなかったので怪我とか
当たらなくて良かったです…。

タイトルと内容が一致していなくてごめんなさい…。
久しぶりに書くと何だかうまく書けないですね…。学校で言葉を
覚える為に毎日日記を書けと言われた理由が分かりました。

ページ移動

ユーティリティ

検索する

キーワード検索フォーム
キーワード