記事一覧

 テーマ・ブログ

続きは新しいアドレスへ

 2013年09月18日(水曜日)

お知らせ…記事の閲覧、検索、編集などの面を考えて、
本ページの続きを、新しいアドレスへ移動しました。

タイトルは同じなので、区別をつけるために、
ここは、随想blog(旧)に致しました。

新アドレス
随想blog…http://fromakane.jp/diary-new/
よろしくお願いいたします。

 テーマ・キリストと共に

本音を記した詩です

 2013年09月05日(木曜日)

Photo
240×320ピクセル
写真 : 作った讃美歌と詩を保存したフロッピー

作った賛美歌を、フロッピーに保存しているのを
思い出して、パソコンに取り込んで読みました。
最後に読んだのが、2001年とあったので、12年ぶりです。

賛美歌と詩集を、複数のファイルに分けて、
保存してありました。読んでいる内に、
最後にある詩が、目に留まりました。

あの時、精神的に不安定になり、
信仰に疑問を持ち始めた頃だったと思います。
1999年のもので、これを最後に、
賛美歌を作らなくなったみたいです。


「主の愛にささげます」

神さまを ほめたたえる心が
人の拍手を ひそかに
望む心に変わった

人のほめ言葉を 待ちながら  
私は そんな心を隠した

それでも 神様は 愛してくださるのか
なぜ こんなにも 愛してくださるのか
私には はかり知れない

あなたのあふれる愛に
打ち砕かれた心を ささげます

1999年記


読んでいて、思い出しました。
それが、唯一の本音だったんだなあ…と。

認めてもらいたい一心で、賛美歌を作っていたので、
これを書いた時は、どう思われるか怖かったです。
本当に…教会による評価を、恐れていました。


でも、後になって、神さまが聞いて下さる事を知り、
胸がいっぱいになりました。
悲しかったけれども、吹っ切れた心地です。
偽ってまで続けるよりは、ずっと良かったからです。

長年、使われている讃美歌の内容を、
じっくりと学ばないまま、かみしめないまま、
既成の賛美歌じゃ駄目。新しい賛美歌を。となると、
神への礼拝ではなくなってしまう。

そもそも、独創的である自体が、
礼拝の本来の目的ではない…と感じている最近です。

 テーマ・キリストと共に

エンパワード21について・2

 2013年08月30日(金曜日)

Photo
240×320ピクセル
写真:晩夏の青空

エンパワード21について・1の続きです。

エンパワード21における祈りについて、
どうして、常軌を逸した祈りでないと駄目なのか。
そういう祈りでないと、人の心を動かせない…?

内容を読んでいると、祈りそのものが神格化されて
祈る人が神さまになり、偶像化されてゆくような…。

イベントそのものが、問題なのではなく、

主催する側が、どういう目的で、何のために、
どういう気持ちで開催するものなのか…
それが深く関わっていると思わされました。


大勢の人が集まる環境に影響されやすい
傾向があるので、同じものに向けて、
大勢の人と、一緒にやればやるほど、
日常の生活では、なかなか味わえないような
一体感、高揚感、使命感などで燃え上がります。

リードする側は、参加者のペースとは関係なく、
自分のペースで進行させていくので、語られる事を
吟味する間もなく、ぐいぐいと引っ張られます。


イエス・キリストにならう、真の良い羊飼いが
リードする限り、良いものを与えますが、
悪い羊飼いだと、私利私欲のために、
忠実さ、敬虔さ、愛の深さなどを売りにして、
自分や大会を、とても魅力的に演出しようとします。

それを知らずに、無条件に取り入れると、
偶像礼拝に走ったり、精神的なダメージ、
信仰のつまずき…といった影響を受けてしまいます。

なので、主催者は誰なのか。どんな人たちなのか。
前もって、きちんと知る事。でありました。その為には、
情報の収集と確認が欠かせない。という事でした。

 テーマ・キリストと共に

エンパワード21について・1

 2013年08月30日(金曜日)

Photo
240×320ピクセル
写真:晩夏の青空

※文章が長いので、二つの記事に分けました。


ペンテコステ派について、きちんと知るために、
色々調べている内に、エンパワード21を初めて知りました。

エンパワード21の公式サイト(日本)を
読んでいて、ずっと前に、欠かさずに
参加していたジェリコ・ジャパンを思い出しました。

ジェリコ・ジャパンは、野外ゴスペルイベントの一つで、
賛美コンサートみたいなものでしょうか。
参加した当時は、心がうきうきして楽しかったです。


年月が過ぎるにつれて、違和感を感じるようになりました。
まず、献金の要求が、尋常ではなかった事です。

それから、なんていうか…神さまへの礼拝よりも、
エンターテイメント…。自己顕示欲を満たすため。
自己表現のため。自己実現のため。
主催側の功績のために、捧げてしまったのでは。

本当に、イエス様による人々の救いを願うならば、

日射病でバタバタと倒れる人々を尻目に
自分たちが参加したジェリコ・ジャパンだけは
守られた!!日射病にならなかった !! ハレルヤ !!

なんて、一番、言わないです。
間違っても、心の中でもそう思わないです。
仮に、神さまが守って下さったとしても、
カルト集団と変わらないものになってしまいます。


ジェリコ・ジャパンに夢中になっていた頃、
通っていた教会にて私が作った
オリジナルの賛美歌を、使ってもらえないかと、
教会側が、提示した事がありました。
採用されなかったのですが、今となって、
とても幸いな事だと、思わずにはいられません。


幸いだと思った理由は、(あくまでも個人の考えです)

その内容は、神さまへの賛美ではなく、
賛美する人が主体になっていた為です。
すなわち、人間による賛美そのものを
神格化させてしまうものです。

厳密に言うならば、偶像礼拝に等しいです。
(私自身、神よりも、賛美自体を信奉していたので)

しかも、差別化を強調する要素があって、
違う立場を、暗に否定する意味合いも含まれていました。

なので、感謝を捧げることが大前提である
立場を問わないすべての人の主である神への礼拝には、
ふさわしくないものだと、受け止めています。

続きを読む

 テーマ・ブログ

戻り先のアドレス変更

 2013年08月24日(土曜日)

本ブログの戻り先のHomeである
小さな憩いの部屋のアドレスが変わりました。

諸般の都合で、移転のお知らせを入れないまま、
移転しました事、申し訳ありません。

新アドレスは、http://fromakane.jp/home/akane.htmlです。
よろしくお願いいたします。

ページ移動