月別タイトル一覧 旧サイト…草花・昆虫ミニ手記
日々の絵描き帖(4月21日) 似顔絵いろいろ(閉鎖しました)

エントリー

レディ・イソヒヨドリ

イソヒヨドリの写真

やっと会えました。イソヒヨドリのメスです。
ずっと探し続けていました。どういう場所に
やって来るのか分からなくて、諦めていた時、
現れたので、本当に思いがけなかったです。

イソヒヨドリの写真

可愛らしい瞳が、レディ・ジョウビタキ
そっくりでした。ジョウビタキの親戚なのかな???
体型は全く違いますが、物腰も雰囲気も似ていて…。


菜の花に似ている花の写真

拡大写真

イソヒヨドリを見かけた河原にいつも咲く花で、
ずっと菜の花だと思っていたのですが、
どうも違うみたいで、調べてみたら、アブラナか
カラシナのようでした。もっと可愛い名前にしても
いいのに…。自分なりに命名してもいいですよね(?)。

イコンのようでした。

水たまりの写真1

拡大写真

紫外線と暑さでヘトヘトになった所に
雨水が作った水たまりを見て涼みました。
そこに浮かぶ、浮かぶ桜の花びら…。
個人的に、好きな情景の一つです。


水たまりの写真2

パソコンに取り込んで見た時に、
ハッとしました。まるで、水面に絵を
書いたような…くっきりしたものでした。

花びらの後ろに隠れる女性の顔に見えて、
イコンのような画風にもなっていて、
ふと、キリシタンの事を思い浮かべました。

パンを焼きました

手作りパンの写真

拡大写真

昨日、20年ぶりに(!)、パン生地をこねて、
オーブンで焼きました。生地がデリケートで、
失敗を覚悟していたので、本当に奇跡的でした。

手作りパンの写真

拡大写真

実は、当時、バターロールを作って、試食して
頂いたのですが、不評でした。(つまり不味かった)
ケーキだけは好評でしたが、パン作りは不向きだと
やめてしまったんですね。内心落ち込みました。

---------------------

ですが、今となって、何がいけなかったのか、
やっと分かりました。20年前のパン作りの時は、

生地のこね方が足りなかった。
発酵し過ぎ。(もう元に戻れないらしい)
成形する時、生地をいじり過ぎて生地が傷んだ。
真似事しただけで、基本を分かっていなかった。

---------------------

まとめて言うなら、パン作りの基本を知らず、
生地の取り扱い方が、適切ではなかったためでした。
写真のパンは、すぐ成形出来て傷みにくい、丸形に
したものですが、それだと無難に焼きあがりました。

パン作りの本(専門的なもの)を参考にしていますが
作る前に、その本を、何度も何度も読み直して、
基本となるものをチェックしてから、やりました。
体力がないと作れないですね。本当に…。苦笑。

モクレンとコブシの違いを調べたら…

モクレンのつぼみ

拡大写真

木蓮(モクレン)と辛夷(コブシ)の違いを
観察するために、写真を撮ったのですが、
真っ先に目に入ったのが、肩を並べていた
双子のようなモクレンのつぼみでしたー。


コブシのつぼみの写真

コブシの方は、モクレンより遅れて咲くそうで、
まだ、ふわふわした毛皮に包まれていました。
暖かい日だったので、暑そうだなあ…と思って
しまいました(苦笑)。そんなコブシを眺めていたら、
目の前を、何かがサッと横切るのが見えました。

コブシの木に止まるカワラヒワの写真

拡大写真

カワラヒワの写真

そしたら、カワラヒワでありました。
びっくりやら。嬉しいやら。無我夢中で
何枚か撮りましたが、今回はどういう訳か
逃げずに、モデルになってくれました。

こぶしの冬芽の写真

こうして見ると、カワラヒワとコブシの冬芽の姿が
そっくりで、遠くから見ると気づきません。

推測ですが、トンビといった天敵が、
その上空周辺を飛んでいた為に、避難したのかも…。
("避難態勢"になると、種類が違う鳥たちが同じ木に
止まっても、お互いに追い払わないようなので。)

ちょっと丸くしました

台の写真

台の角の写真

お土産物の、置物を乗せる台の角が
かなり尖っていますが、お土産物なので、
手を加えるのは、極力避けていたのでした。
(頂き物でも買った物でもどちらでも。)

やすりの写真

でも、さすがに、怪我してしまうので、
外観を損ねないように、紙やすり(sandpaper)で、
角を、少しだけ丸くするように削ってみました。

手持ちの紙やすりは、60番、100番、180番の
セットになっていて、指先でさわってみると、
何となく100番がいいような気がして、100番を
使ったのでした。木工品としては、不適切なのかも
知れませんが…、一応、丸くなりました。

絵具と筆と絵具皿の写真

やすりがけで染料が剥がれた角部分を、
アクリル絵の具の黒色で、塗り重ねて覆いました。
その台に元々塗られている黒い色は、
どういう染料が使われているのでしょうね。

角を丸くした台の写真

ご覧の通り、四方の角が取れただけでなく、
アクリル絵具を塗っても、変な感じにならず、
ホッとしました。前々から気になりつつ、
ついつい、後回しにしてしまったので…本当に。

角の部分写真

ページ移動

ユーティリティ

キーワード検索

キーワード検索フォーム
キーワード

ページ

Feed