エントリー

分類「2018年」の検索結果は以下のとおりです。

ムクゲのふわふわ種子

ムクゲの種子の写真1

拡大写真

ムクゲのふわふわした種子をやっと見る事が出来ました。
今までは、背丈が高くて下から見上げるしか出来ず、
白い毛のようなものが見えていただけで、
なかなか中身を見ることが出来なかったんですね。

ムクゲの種子の写真2

最初パッと見た時は、えっ?中に花が咲いている?!でした。
韓国語では무궁화で「ムグンファ」と呼ぶそうですね。


本当は21日の夜に書くつもりが、いつの間にかうたた寝して
目が覚めたら翌日になっていましたー。なので、実際の日時は
22日で、21日の記事として書いています。運動した後のような
気持ちのいい疲れでした。疲れ方が色々あるんですよね。


ふくら雀ちゃん

スズメの写真1

拡大写真

しっかりモデルになってくれました。おまけにポーズまで。
狭い狭い雨どいに二羽がくっついて止まっているところが
可愛らしかったですー。日向ぼっこでしょうか。

スズメの写真2

こんな風に羽毛をふくらませるのですね。
そういえば、スズメの耳って…どこにあるのだろう???
調べてみてもいまいち分かりません。


スズメの写真3

拡大写真

ツグミ探しをしていた時に出会ったスズメの群れです。
パワフルな集団行動にはいつもの事ながら驚きます。
しかも、食事する時の体の向きもほぼ同じ…。
天敵から守るために飛び立つ際に、出来るだけ
"大きなかたまり"を作れるようにしているのでしょうか。
(離れ離れで別行動だと、かたまりを作りにくいから…)

ベニシタンの真っ赤な葉っぱ

ベニシタンの写真1

拡大写真

ベニシタンの葉っぱです。いつもは橙色になると落ち葉となって
絨毯を作りますが、今年は本当に真っ赤で…こういうのは初めてです。

ベニシタンの写真2

とっても綺麗な赤色です。どういう赤色かなあと思って、
検索して該当する色名を探してみました。紅緋(べにひ)
という色に一番近いと思いました。色の名前もぴったり。

ベニシタンの写真3

拡大写真

これは先月のものです。まるでお菓子みたいですー。

もみじのステンドグラス

モミジの写真1

全体写真

離れた所から見ると、なんとなく黒ずんで見えるので、
まだ紅くならないかなあーって呟きたくなります。
木の側まで行って、下から見るととっても綺麗なので、
まだ紅くなっていない時は、まぶしいぐらい晴れた日を
狙って(?)、もみじのステンドグラスを眺めました。

モミジの写真2"

写真ではうまく出ませんでしたが、まだ黄緑色になっている葉と
黄色の葉とオレンジ色の葉のモザイクがとても素敵でした。

落ち葉の写真

拡大写真

落ち葉のじゅうたんが出来つつあります。桜の木もあるので、
桜の落ち葉と混ざり合っていました。そうそう、ある所の
歩道にあった落ち葉が、風によって舞い上がって、ヒラヒラ
しながら、マンションの5階ぐらいのベランダの中に入りました!

紙で作った蝶々を扇子でフワフワと飛ばす"胡蝶の舞"という
芸がありますよね。まさにそれと同じでした。風ちゃんが遊び心で
胡蝶の舞を楽しんだのかもしれないですねー。

色々な鳩が揃って飛んでいました

ハトの写真1

拡大写真

色々な色や模様をした鳩たちが群れをなして、
ハイスピードで迂回していました。カーブなんか
ものすごく速いので、ハト同士がぶつからないのかと
ハラハラしました。まさに航空ショーって感じでした。

ハトの写真2

ハトの写真3

ハトの写真3

他にも沢山いましたが、何とか綺麗に撮れたのがこれです。
下から見た姿 横から見た姿

写真だと分かりにくいですが、羽を動かすたびに、
白い部分と灰色の部分が交差に現れる部分がキラキラ
輝いて見えるんですね。その中に、真っ白なハトと
黒いハトがいた事で、グラデーションのような輝きに
なっていました。そもそもは、鳥さんのために
柿を残してくれているらしき所があって、どんな鳥が来るか
見に行ったら、ハトの群れに出会ったのでした。
柿と椋鳥(2017年11月30日) 当のムクドリは枝ばかり見ていました。

ページ移動

ユーティリティ

新着記事

ジョウビタキが来ましたー
2019年11月15日
やっと蝉ちゃんに…
2019年08月08日
どこにいるでしょう?
2019年08月05日
暑い日と雨の日
2019年08月03日
ハグロトンボの産卵
2019年08月01日

キーワード検索

キーワード検索フォーム
キーワード