エントリー

分類「2015-16年」の検索結果は以下のとおりです。

乾電池の絶縁

懐中電灯の写真1

多分、昭和時代の懐中電灯だと思います。
実は、名前を書き入れる為に、布シールを
巻いたんですね。(直接書くと汚れるので)

そのシールをはがしたら、その部分が元々の
青色になっていました。ボディ全体がきれいな
青緑色に変わったのにはびっくりしました。

懐中電灯の写真2

何だか寒そうなので、たまたま青緑色の余り毛糸が
あって、それで腹巻(?)を編んでつけてみました。
暖かそうで、しかも可愛くなりましたー。


その後になってハッとしました。乾電池の絶縁!

懐中電灯の写真3

去年の11月に、一度乾電池を取り出して見たら
とても綺麗だったので、再び中に入れていたんですね。
ところが、乾電池が劣化したり、液漏れしたり
発火する危険があるから、定期的に交換した方がいいとか。

乾電池の写真

ずっと長い間、非常時に備えて常備していたのですが、
あまり使わないまま。何年経つやら…。ゾゾゾ!
結局、乾電池を取り出して、絶縁用ビニールテープを
両側に貼って絶縁させました。電池の方は、
使う時に懐中電灯にセットするようにします。

収納箱の素人リフォーム

写真にはありませんが、綺麗に洗って、窓際に置いて
乾かしている内に、うっかりしてそのままにしてしまい、
プラスチックの引き出しが紫外線で全てボロボロに…。

ゴミ袋の中に入れようとした時、骨組みがしっかり
しているのを見て、捨てず、紙で引き出しを作りました。


収納箱の写真1

大きめサイズ

色が剥げていたので、アクリル絵の具で
塗り直しました。元の色に近い色を作る事も
出来ますが、アクリル絵の具は乾きやすいので、
絵の具の焦げ茶色をそのまま使いました。


引き出しの写真

引き出しのつまみは、模様入り粘着シートを
三つ折りして、半分に折ったのを差し込んだものです。
(引き出しの中央に2㎝ほどの切り込みを入れて…)
粘着シートの特性もあって、のり付けしなくても
外れず、どの角度でも、つまめるようにしました。


収納箱の写真2"

こんな感じで出来上がりましたが、滑りが悪いので
開け閉めする時、片手で押さえる必要があり難ありです。

本当に、引き出しは高度な技術で作られているんですね。
市販品の完成度の高さを再認識した出来事でした。

紙で作ったちり取り

ちりとりの写真

プラスチックのちり取りだと、ゴミによっては
静電気でくっついてしまって、払い落としても
落ちないので、工作用紙でちり取りを作りました。

ちり取りの裏側の写真

裏側はこんな感じですが、洗濯ばさみで止めている
木目模様シールが貼ってあるヘラは、別の物の失敗作の
一部を切り抜いて、"ゴミ集めヘラ"にしたものです。

何故、紙のヘラを作ったかというと

ちり取りとヘラを使ってゴミを集める写真

大きめサイズ

今は、防寒対策に、フローリングの上に断熱シートと
ザラザラしているコルクカーペットを敷いているために、
はけ型ほうきだと、意外とゴミを掃きにくいです。

コルク地とフローリングの表面の写真

どなたかが、厚紙を、ちり取り&ほうき代わりに
使っていたのを思い出したんですね。それがヒントに
なってくれました。あの時は「なんて紙を使うの???」と
不思議でしたが、今となって納得できました。

掃くと言うより、すくいながら寄せ集めるような
感じですね。思ったよりもやりやすかったです。

お化粧直し

ペーパークラフトの犬の写真1

リハビリの一つとして、折り紙をやっていた頃、
市販のペーパークラフトで作ったワンちゃん達です。
(わんわんクラフト・作者…ごとうけい氏)

ペーパークラフトの犬の写真2

窓際に置いていたせいか、紫外線によって
色落ちしてしまっていました。

ペーパークラフトの犬の写真2

透明水彩絵具で完成品の色に近い色を作って
写真では、すごいオレンジ色になっていますが、
その後、塗り直して、色を抑えました。

ペーパークラフトの犬の写真3

やっと塗り終えた所です。綺麗になってホッ。
もともとの色に近づけるのが難しかったです。
ワンちゃん達は満足しているか分かりませんが(?)

ペーパークラフトの犬の写真4

後ろ姿もすっきり綺麗になりました。

夕方を迎える前の青空

月の写真

太陽が西の方に傾いて、そろそろ夕方の時間を
迎えようとして、空気が冷え始めると、
その青空の色合いが美しいものになるんですね。
日中とはまた違った独特の青さというか…。

南東の方に月が見えたので、方角を確かめようとして、

方位磁針の写真

方位磁針を家の中から取り出して、針が南北を
差すように動かしていたら、トンビが現れました。

トンビと月の写真

偶然、トンビと月が向き合うアングルが撮れました。
おおっ!ロマンチック!! 方位磁針の存在もきれいに忘れて
ダイナミックに飛ぶトンビをカメラで追っかけました。


「もう一度、月の所へ飛んでくれそう…」と
月の周辺を構図に入れてカメラを構えて待ちました。
ところが、トンビは彼方へ飛んで行ってしまいました。
はあ…余計な期待をすると駄目ですね。そしたら…


飛行機と月の写真

拡大写真

空港に向かう白い飛行機が見えました。
写真の中央上あたり。白い星のように見えます。

飛行機の写真

それはそれは、またとても綺麗でした。
方角を調べるのをすっかり忘れてしまいました。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ユーティリティ

新着記事

ジョウビタキが来ましたー
2019年11月15日
やっと蝉ちゃんに…
2019年08月08日
どこにいるでしょう?
2019年08月05日
暑い日と雨の日
2019年08月03日
ハグロトンボの産卵
2019年08月01日

キーワード検索

キーワード検索フォーム
キーワード