エントリー

分類「2017-18年」の検索結果は以下のとおりです。

レース編みで花を編んでみました

ここに記載したレース編みの作品と編み図は、
本日開設した小さな手作りのページに入れました。
画像も差し替えてありますので、よろしくお願い致します。(5月8日)

今年の鯉のぼり

折り紙で作った鯉の写真

拡大写真

去年に続いて今年は、水の流れが変わる中で、
すっと歩み続けている様子を描いてみました。

365日の鯉のぼり(2017年5月5日)
鯉のぼりの川渡し(2012年5月4日)

小枝の流し雛

小枝の写真1

去年の12月24日の写真にある「小枝」は、庭にそのまま置いていて、
鳥さんか風などでどこかに行っているのかなと思ったら、
おんなじ場所にずっとあって、びっくりしました。

小枝の写真2

拡大写真

その小枝を拾った時、ふと思いました。何の飾りもない
十字架…。それが、キリストの神への人々への献身の姿を
想いました。見栄もプライドも名誉も持たずに…ため息が出ました。


小枝の写真3

そういう経緯があって、今年の流し雛はこのような姿に
なりました。来年はどのような姿になるのでしょうか。

今年の流し雛(2017年3月3日)
流し雛(ながしびな)(2014年3月3日)

いろいろなハート

羊毛で作ったハートの写真

拡大写真

久しぶりの羊毛でハートを作りました。
(羊毛は、震災前に通販で購入したものばかりで、
日本的な色合いになっています。茶色は手芸屋で購入。)

今日はバレンタインデーですが、何々限定ではなくて、
毎日の生活の中で、ハートはずっと同じではないし、
その日の感情や気分によって色が変わったり…。

私自身、大切な人しか見ていなかった過去があるせいか
なんていうか、特定の人だけじゃないなぁって想うんですね。
うまく言葉に出来ないけれども、失敗しながらへまをしながら、
色々な方との関わり合いを大切にしたい気持ちで一杯です。

方向音痴グッズ(?)として作ってみました

方位磁針の写真

方位磁針だと、文字盤は動かず、針だけが動いて
南北を指しますよね。それが分かりにくくて…
なので、"方位ペーパー"を作りました。


手作り方位磁針の写真1

拡大写真

鉛筆とコンパスと定規を使って、下書きを書いて
ボールペンで下書きのラインをなぞるようにして、
ペン入れしている所です。この作業は久しぶりで
手がぶるぶる震えてしまいましたー。


手作り方位磁針の写真2

くっきり見やすくするために、黒色の太いラインを
書き入れている所です。まず、ボールペンでこんな風に
縁取るように線を引いておいて、塗り絵をやるように
塗りつぶしていく方法でやると、綺麗に書けるんですね。


手作り方位磁針の写真3

拡大写真

後は、パッと見て分かりやすいように、色鉛筆で
方角を色分けしてみました。そうすると、南北東西が
苦手な方向音痴であっても、見分けられます。


手作り方位磁針の写真4

拡大写真

こんな感じで、針がくるくる動く方位磁針で、南北を
把握したら、次に、紙で作った方位ペーパーを見る事で、
東西がどっちなのかすぐ分かるんですね。

私の場合は、「南北東西」ではなく「前後左右」で
方角を見るので、例えば、「東を向いている」時は、
「右は南。左は北。後ろは西。」逆に西を向いているなら、
左は南。右は北。後ろは東。という風に捉えます。
だから、南北東西がわからない限り、混乱してしまいます。

そういう意味で、方位磁針と方位ペーパーのコンビによって、
ちゃんと方角を確認出来るようになるのでした。

ページ移動

ユーティリティ

新着記事

ジョウビタキが来ましたー
2019年11月15日
やっと蝉ちゃんに…
2019年08月08日
どこにいるでしょう?
2019年08月05日
暑い日と雨の日
2019年08月03日
ハグロトンボの産卵
2019年08月01日

キーワード検索

キーワード検索フォーム
キーワード