エントリー

分類「2017-18年」の検索結果は以下のとおりです。

365日の鯉のぼり

折り紙で作った魚の写真

拡大写真

鯉のぼりの川渡し(2012年5月4日)の続きです。
5年ぶりです。今回は、"365日の鯉のぼり"が
浮かんで来ました。先頭の白い魚は、神さまで、
魚たちが、神さまに従いながら歩んでいる様子です。

パンを焼きました

手作りパンの写真

拡大写真

昨日、20年ぶりに(!)、パン生地をこねて、
オーブンで焼きました。生地がデリケートで、
失敗を覚悟していたので、本当に奇跡的でした。

手作りパンの写真

拡大写真

実は、当時、バターロールを作って、試食して
頂いたのですが、不評でした。(つまり不味かった)
ケーキだけは好評でしたが、パン作りは不向きだと
やめてしまったんですね。内心落ち込みました。

---------------------

ですが、今となって、何がいけなかったのか、
やっと分かりました。20年前のパン作りの時は、

生地のこね方が足りなかった。
発酵し過ぎ。(もう元に戻れないらしい)
成形する時、生地をいじり過ぎて生地が傷んだ。
真似事しただけで、基本を分かっていなかった。

---------------------

まとめて言うなら、パン作りの基本を知らず、
生地の取り扱い方が、適切ではなかったためでした。
写真のパンは、すぐ成形出来て傷みにくい、丸形に
したものですが、それだと無難に焼きあがりました。

パン作りの本(専門的なもの)を参考にしていますが
作る前に、その本を、何度も何度も読み直して、
基本となるものをチェックしてから、やりました。
体力がないと作れないですね。本当に…。苦笑。

ちょっと丸くしました

台の写真

台の角の写真

お土産物の、置物を乗せる台の角が
かなり尖っていますが、お土産物なので、
手を加えるのは、極力避けていたのでした。
(頂き物でも買った物でもどちらでも。)

やすりの写真

でも、さすがに、怪我してしまうので、
外観を損ねないように、紙やすり(sandpaper)で、
角を、少しだけ丸くするように削ってみました。

手持ちの紙やすりは、60番、100番、180番の
セットになっていて、指先でさわってみると、
何となく100番がいいような気がして、100番を
使ったのでした。木工品としては、不適切なのかも
知れませんが…、一応、丸くなりました。

絵具と筆と絵具皿の写真

やすりがけで染料が剥がれた角部分を、
アクリル絵の具の黒色で、塗り重ねて覆いました。
その台に元々塗られている黒い色は、
どういう染料が使われているのでしょうね。

角を丸くした台の写真

ご覧の通り、四方の角が取れただけでなく、
アクリル絵具を塗っても、変な感じにならず、
ホッとしました。前々から気になりつつ、
ついつい、後回しにしてしまったので…本当に。

角の部分写真

バルサ材で代用

材料と道具の写真

つまずき防止と電源コードの保護のために
コードカバーを買うつもりでしたが、コードが
短くて、市販のコードカバーの丈を詰めるのは
私には難しいので、バルサ材で代用しました。

3本セットで売られていたのが、ちょうど60㎝で
ぴったりだったので、そのまんま木工用ボンドで
3本を「コの形」になるように接着したものです。

電源コードとバルサ材の写真1

電源コードとバルサ材の写真2

こんな感じで、コードをバルサ材にはめこんで
外れないように、5か所をマジックテープで
巻きつけて固定させたものです。お洒落にして
床の色にとけ込むような色合いだと危ないので、
ダサいぐらい、目立つようにしてみました。

マジックテープは、巻く時の力加減を
細かく調整できるので、ありがたいし、
バルサ材も軽くて、とても使いやすくて
工作が得意ではない私でも、簡単に出来ました。

ただ、バタバタ走り回るとなると…
果たして、これでいいかどうか…汗。うーん。

豆まき

落花生の写真1

「心の中の鬼たち」

落花生の写真2

「追い払っても消えぬ鬼たち」

落花生の写真3

「キリストが身代わりに」

落花生の写真4

「キリストによる贖いときよめ」

ページ移動

ユーティリティ

新着記事

ジョウビタキが来ましたー
2019年11月15日
やっと蝉ちゃんに…
2019年08月08日
どこにいるでしょう?
2019年08月05日
暑い日と雨の日
2019年08月03日
ハグロトンボの産卵
2019年08月01日

キーワード検索

キーワード検索フォーム
キーワード