エントリー

マーマレードジャムを作りました

金柑と小みかんの写真

拡大写真

ジャムを作ってみることに(12月27日)の続き。
一晩水につけたのを出したものです。艶やかでとてもきれいで、
けっこう好きな姿なので、処理を始める前に記念撮影。

煮こぼしの写真

拡大写真

煮こぼし処理をしている所です。(煮こぼし=沸騰したお湯で
1分ほどゆがいたら湯を切るのを3回繰り返す。)
このやり方で、苦みとえぐみが取れるというから驚きです。

下ごしらえした金柑の写真

拡大写真

粗熱が取れたら、写真(金柑)の通り、皮と果実と種をそれぞれ
別々に取り出して、皮は太めの千切り、果実は(好みで)そのまま、
種は茶パック(煮る時にとろみを出すため)に入れておきます。

金柑を煮ている様子の撮影を忘れてしまいました。(ごめんなさい)

鍋で煮る小みかんの写真

拡大写真

この写真は、小みかんを砂糖で煮ている所です。

金柑と同じように、皮と果実と種を別々に取り出しますが、
"果実を覆っている薄い皮"は食べる時にへばりつくので、
それを取り除いて、果実を搾った果汁、千切りした皮、
種入り茶パックを鍋に入れて、砂糖を加えて煮詰めました。
(種が入った茶パックは、少しとろみが出たらすぐ取り出します。)

保管瓶とスプーンは10分ほど煮沸して消毒したら、
敷いたキッチンペーパーの上にさかさに置いて自然乾燥。
出来たての熱々ジャムを入れたら、しっかり密閉して、
すぐ冷蔵庫に入れます。これで殺菌になるらしい…。


作ったのが昨夜なので、今日の明るい時間帯に、出来上がった
瓶入りジャムを撮影するつもりが忘れてしまいました…。
白砂糖がなかったので、代わりにブラウンシュガーを使ったので、
ブラウン・ジャムになっていますが、お陰様で美味しく出来ました。

何よりも金柑ジャムの味が最高でした。小みかんジャムはうーん。
酸味が強い…。やり方がまずかったのかな…。でも、この酸味なら、
ブレーンヨーグルトやアイスクリームなどの味が引き立ちそうです。


ページ移動

ユーティリティ

新着記事

ジョウビタキが来ましたー
2019年11月15日
やっと蝉ちゃんに…
2019年08月08日
どこにいるでしょう?
2019年08月05日
暑い日と雨の日
2019年08月03日
ハグロトンボの産卵
2019年08月01日

キーワード検索

キーワード検索フォーム
キーワード